のんべえの気まぐれ

日々の出来事やDIY、機械いじりを発信

キャンプでカッコいい父親になる【準備編】

いつも読んで頂きありがとうございます。

今はソロキャンプが流行っていますが、家族でキャンプに行きたいという人もいると思

います。しかし、初キャンプで失敗する場合があるので失敗しないために何をしたらい

いのか書いてみたいと思います。

キャンプでカッコいい父親になる 準備編

 

キャンプ用品を揃えて終わりではない

 

キャンプ場選び 

キャンプ場はまず下調べが大切です。

キャンプ場の本や、ネットでの検索で調べるといいと思います。 

トイレの重要さ 

小さい子供がいる場合は、洋式トイレがあるキャンプ場を探しましょう。和式を使った

ことがない子供もいますのでトイレの確認は必ずしたほうが良いです。

また、奥さんに対しても和式しかない場合、怒られる可能性が高いので注意です。

 

ゴミの受入れ・炭捨て場

ゴミの受入れが可能かどうかですが、キャンプ場によって燃えるゴミのみとか、分別し

て受け入れるところもあるので確認が必要です。持ち帰りのキャンプ場が多いので最初

ゴミの受入れが可能なキャンプ場を選ぶと帰りの荷物も減るのでいいと思います。

※ゴミ持ち帰りのキャンプ場は必ず持ち帰ってください。

 

炭捨て場の有無の確認も必要で、炭捨て場が無い場合は持ち帰らなければなりません。

※土に埋めたりは絶対にしないでください。

 

キャンプ場内や近隣に遊び場があるか

小さい子供がいる場合はキャンプ場内や近隣に遊具やアスレチックなどがあるキャンプ

場を選ぶといいです。大人はお酒を飲んでまったりと過ごせますが、子供はテントに黙

っていても面白くありません。日中は子供と遊び、夜はまったりとした時間を過ごすよ

うにしましょう。また、夜に子供と一緒にカブトムシなどを探すのも良いです。

 

サイトの種類

サイトにはフリーサイトオートサイトがあります。

・フリーサイト

サイトの何処にでもテント設営が可能ですが、車は横付け出来ないので荷物を運ばなけ

ればなりません。リヤカーを置いてるキャンプ場や荷物の搬入搬出時のみ車の乗り入れ

が可能なところもあるので確認が必要です。

・オートサイト

車を横付けでき近くにテントを設営でき、区画も決められています。

 

初心者はどっちのサイトがいいか

初めてキャンプをする人はオートサイトが良いと思います。

事前の予約が必須ですが設備も整っており、場所も決められているので設営場所を探す

必要もないです。

 

フリーサイトでもいいですが、人気のあるキャンプ場だと行ったはいいが設営する場所

が無いということもあるので、チェックインと同時に入ったほうがいいです。その場合

は事前に設営場所を何か所か決めていくといいと思います。

 

 

テントの設営は事前に練習するべき

キャンプで一番重要なのは、いかに早くテントを設営できるかです。

テントを設営出来なければ、遊べない、BBQも出来ないとなり、奥さんに怒られるのは

間違いないです。

 

最初に買うテントはドーム型がいいと思います。慣れると一人でも10分くらいで設営が

可能ですが、それでも事前の設営練習は必要です

事前に説明書を読んでイメージトレーニングしたり、アウトドアショップなどで設営体

験をしている所もあるので行ってみるのもいいでしょう。また、自分の家にテントを設

営出来るスペースがある場合はそこでテント設営を練習するのもいいです。

撤収も同じです。

YouTubeでもテントの設営方法があるので参考にしてください。 

youtu.be

ツールーム型でも良いですが、一人での設営は初心者には難しく事前練習をしていない

場合は、最悪夜まで設営がかかる場合もあり、日帰りだと何もできないで帰る事態にな

る可能性もあるので注意です。

  

 ココ注目!


      ここで、素早くテントを設営し子供達にも簡単なところを手伝わせて設営
   出来るようになると、パパかっこい~~となるのでテント設営と撤収だけ
   は完璧に出来るようにしておいてください!

                      父
     

  2つの四角形に囲まれたボックスはLSSさんの (id:little_strange)こちらのブログから

 

これは友達同士で行く場合も同じなので、〇〇君かっこいい~と言われるようになって

みるのもいいのではないでしょうか。

 

 

最後に

いかがでしたか。

まずは下調べとテントの設営が需要ということが分かったと思います。テントさえ設営

出来れば、あとは何とかなるので頑張ってください。また、子供が遊んで泥だらけにな

っても良いようにキャンプ場にシャワー設備や近隣に温泉施設があるところも良いと思

います。今回は準備編ということでキャンプ用品等はあとで書こうと思っています。

 

キャンプにも慣れてフリーサイトでリヤカーで荷物を運ぶ時がある場合は、子供をリヤ

カーに乗せたり、リヤカーの後ろを押してもらったりすると喜びますよ。