のんべえの気まぐれ

日々の出来事やDIY、機械いじりを発信

西山火口散策路

有珠山噴火の爪痕

 

日曜日、実家の手伝いが早く終わり、何処かに行こうかなと思って考えていたら、久々に行きたいところがあって、息子に言うと行きたいと言ったので 行ってきました。

 

 それは、西山火口散策路

 

2000年に噴火した有珠山の火口が見られる散策路だが、息子も行ったことがないので丁度いいかと思い行くことにしました。

 

 

有珠山の特徴

有珠山は20~30年周期で噴火すると言われています。2000年の噴火を含め1663年以降少なくとも9回の噴火をしています。有珠山は噴火前に火山性地震が頻発することから予測できる火山とも言われています。

 

2000年噴火

2000年の噴火は3月27日から火山性の地震が発生し、28日からは有感地震が多発して30~31日に山頂部や山麓部に地割れが生じ、31日の午後に地震活動のピークが過ぎ水蒸気噴火が発生。有名なのは噴火する2日前に全町民を避難させたことで、被害者を一人も出さなかったことがニュースにされた。

 

 

西山火口散策路

元消防署付近

 ここは元々国道だった場所で、まさかここから噴火するとは誰も思わなかったはず。散策路が出来てすぐの時はもっと水が溜まっていた。

西山火口散策路



 

西山火口散策路西山




国道の横を走っていた道路

地殻変動の凄さがわかる。これが道路だったとは思わないのでは?

西山火口散策路西山




倒れた電柱

地殻変動で倒れたのか、噴石によるのかは不明

西山火口散策路



 


西山火口

もう煙も出ていないので火口とは分からない状態。散策路が出来た当時は結構煙も出てて迫力もあったが、今はどこからも出ていないのが残念。

西山火口散策路



工場跡と民家跡

噴石で屋根に穴が空いてるのと、地殻変動で傾いてるのが分かる。

西山火口散策路




 

西山火口散策路

幼稚園跡

地殻変動による被害はないが、噴石による被害が大きい。噴石により屋根や壁が撃ち抜かれている。幼稚園はその後移転しています。

西山火口散策路



 

西山火口散策路





 

 

 

最後に

 ちょうど、長女がまだ嫁の腹の中にいたので避難指示が出る前に嫁の実家に避難していたので何もなかったが、あらためて見ると、やはり、あの時の全町避難は奇跡だと思う。

 

避難していなければ、被害者も出ていただろう。

  

散策路を歩きながら、息子に当時の事や噴火の凄さ、危険を教え、息子も多少は分かったみたいだったので、連れてきて良かったと思った日だった。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村